お部屋のインテリアを誰のイメージでつくるか…それが大切です。

お部屋のインテリアを考える際、各部屋で誰がどんな風に過ごしているのか、共有スペースはどう使われているのか…

実際に暮らしの中で不便に感じている点や場所についても考えておくことは重要。

生活に関わることはできるだけ具体的に整理しておくことをオススメします。

こうすることで、意外な局面でお部屋のインテリアを決める際の鍵となります。

最終的に、どのスペースを優先するか、リビングの部屋はどのようなイメージにするか…
このことは家族の関係性やライフスタイルに関わってきますからとても大事です。

ですからお部屋のインテリアづくりを始める上でベースとなるものを決めるわけですが、最も大切なことは一つのイメージでインテリアのベースづくりをすることです。

家族の要望や各部屋に必要なことを洗い出して、その解決策を検討することも大切ですが、家族の話し合いで誰か一人のイメージでお部屋のインテリアを考えることが重要です。

つまり、それぞれの意見を反映したインテリアは、統一感や個性のないインテリアとなってしまうことが多いからです。

例えば、リビングが暗いなら窓や照明を変えるのか、家具の配置を変えるのか、壁の色を変えるのか、選択はさまざまですよね。

誰か一人のイメージでお部屋のインテリアづくりをすることが、インテリアを成功させる大切なポイントなのです。