理想のインテリアと現実の自分の性格を理解しよう

理想のインテリアが実現しても、その空間を上手に使いこなせる自身がありますか?
そのインテリアを美しく維持できますか?

これはインテリアを成功に導くか、それとも失敗に導くかの分かれ道です。
そのために必要なことは、自分の理想とする「好きなインテリア」とインテリを維持するために自分が「できること」とのバランスをちゃんと理解することなのです。

インテリアにも維持するのに手間のかからないスタイルもあれば、こまめに手をかけないと維持できないスタイルもあります。
そこに暮らす人もさまざま…

例えば、掃除を毎日できる人もいれば、一週間に一度で済ませたい人もいるでしょう。
また、一度使ったものをもとの位置に戻せない人もいるでしょう。
インテリアを考えるうえで、「好きなもの」と「できること」は違います。
このレベルが一致していれば、問題なくインテリアは生きてきますし、そこに暮らす人も心地よく過ごすことができます。

でも、そうでない場合はインテリアも暮らしも破綻してしまう可能性があります。
ですから、インテリアのそのギャップを理解しておくことが大事。
できる範囲でインテリアのギャップ対策を考えておくことをおススメします。