インテリアで狭い部屋を広く見せる工夫とは…

部屋を広くみせる基本中の基本を教えます。

狭い部屋の住まいで、とても基本的なことです。
それは、まず物を増やさない、置かない…
こういうことです。

これがポイントです。

疲れていると、どうしても荷物を直置きしてしまうことってありませんか?
それってダメです。
モノを床に直に置いてしまう…
これが部屋を狭くみせる一番の原因なのです。

部屋のインテリアの法則として、次のようなことが言われています。
まず、家具などの高さをそろえること、そして家具などの幅をそろえることです。

これは、部屋の中で一つ飛び出ているのがあると部屋のインテリア的に不調和なのです。
家具がすごく目立ってしまって、余計に部屋の狭さが際立ってしまうわけです。

だから面倒であっても、荷物はできるだけあるべき場所に収めましょう。