一人暮らしのお部屋に統一感を出すことがコーディネートするコツです!

コーディネートとは、「色柄、素材、形などが調和するようにいろんな組み合わせるをすること」です。
一人暮らしのインテリアをしてみよう!
でも、お部屋のレイアウトがまだ決まっていない…
このように家具の配置などが全く決められていない状態で、レイアウトに少しずつ色をつけ、飾りをつけたしていくのがインテリアコーディネートです。

そんなインテリアコーディネートのやり方について、少しご紹介します。
まずは、一人暮らしのお部屋の印象を大きく左右する大きいものから決めていきます。
大きいものから順番に決めていくことは、コーディネートする時の基本だからです。

家具、床のじゅうたんやラグを決め、カーテン、…
そして小物という具合に決めていきます。

決めていく時は、メインのインテリアから決めていくとがコツです。
つまり、カーテンをメインのインテリアにした場合は、床は脇役にして、あまり目立たなくさせる…
これがコツです。

なぜかというと、一つのお部屋にメインのインテリアいくつもあるとお部屋の雰囲気が落ち着かなくなるからです。

簡単に言うと、お気に入りのものから決めて、あとはそのお気に入りに合わせたインテリアにする。
そんな決め方です。

メインのインテリアをもとに色やテイストをコーディネートしていくと、お部屋全体の統一感がアップします。
例えば、じゅうたんの模様の中の1色をクッションカバーの色にしたり、アジアンテイストな家具を置いたら少し離れたところにもアジアンテイストな雑貨を飾ってみる…
そんなインテリアの決め方です。

どうですか?
一人暮らしのお部屋でも、きっとつながりが感じられるようになりますよ。

持っている家具のスタイルがバラバラの場合は、色を塗ったり布でカバーするなど工夫しましょう。
雑貨なども、お部屋のインテリアに合わない思ったら、しまっておくという潔さも大切です。