一人暮らしのワンルームをカラーコーディネートする

具体的な一人暮らしワンルームカラーコーディネートする仕方として、まず最初のコツは、白・黒・茶色などベーシックな色でそろえることを意識することです。
黄色や赤や青などの好きな色は、慣れてきたところで、気軽に変えられるカバー類や雑貨などから取り入ることがベスト。

まず、お部屋の色にあわせて、ベッドカバーやカーテン、テーブルといった大きな物の色を決めていきます。
これらの色は、お部屋の印象を決める重要な色です。
一人暮らしの自分のお部屋を、どんな雰囲気にしたいのか、しっかり考えながら決めていきます。

基本的に、狭い部屋を広く見せたいときには、白やアイボリーなど薄めの色を使うことをおすすめします。
お部屋を落ち着いた雰囲気にしたいときには、こげ茶や黒など、濃い目の色を貴重にすると、とても重厚感が出ます。

アクセントカラーは、小さい面積のものに使うことがポイントです。
例えば、クッションカバーやソファーカバーなどのファブリックものです。
このようなカバー類はアクセントカラーとして、季節にあわせて変えていくことも工夫の一つです。

色味は似た色同士をあわせると、全体が落ち着いた印象になりますし、白を基調として黄色や赤色などの対照的な色をあわせるとはっきりとした印象になります。